UVが原因となるサンタンが起きるシステム

長期間、UVを浴びると日に焼けてしまうのは、おおよその方が分かっています。日焼けしてしまう元となる紫外線というものは、一体どのようなものでしょう。

太陽光というものは、太陽光の1つで、タイプをA波、B波・C波と大きく3つに分類する事が可能なんです。ガラス窓みたいな透き通ったものでは、太陽光A波自体を遮ることは出来ず、皮膚へと届きます。硝子ごしに太陽光を受けていた場合や、自家用車で移動をする場合も、紫外線光A波というものは浴びてしまうため色焼けするんです。

一方、太陽光b波というのはオゾン層で遮断できるから、雲の多い日や、雨降りの日減ってしまうのです。天候により照射の量が変わるUVの量というのは、この紫外線光b波なのです。

紫外線光C波が日に焼ける事に関わりはないのです。その訳は、紫外線光C波はオゾン層を抜けない為なんです。

a波に関しては、硝子を突破する事が可能であるので、お肌の奥深い部分の真皮にまで通るのですが、有毒度合で言うのならb波程ではないと言われているのです。

皮膚の日焼けしちゃう事を考えるとしたら、室内でも紫外線を受ける為、いつも対策法を施す必要のある太陽光なのです。皮ふの色が褐色になる事だけは、サンタンの作用ではじゃないのです。シミや肌のくすみがふえて、肌のたるみや肌の老化の原因にもなってしまうものなのです。

UVで肌焼けをしちゃうのは、お肌を防止するのにメラニンの色素を増加する、いうなれば防衛策です。褐色に焼けてしまった肌は元気なイメージを相手に与えるのですが、エイジングケアという点において考えているとお肌にとっては良い事とは言えない訳で、日焼けの対策がポイントなんです。