気になるけどなかなか治らないお尻のニキビ

冬から初夏にかけての季節の変わり目は体調が変化しやすく調子も崩しやすいですよね。この時期、意外に多くの人が気になるけど治らなくて困っているのが「お尻のニキビ」です。

吹き出物やお尻の黒ずみやシミがあると、旅行にいっても温泉を楽しめなかったり、薄着でミニスカートを履いた時に気になったり、水着を着るときにも困ったりするものです。

お尻 ニキビですが、なぜ治りにくいのかというと…まず第一に対策するための商品があまりにも少ないことがあります。顔や肌にできたニキビに対する商品も、顔のシミやくすみをカバーする商品も、世の中にはたくさんあります。でもなぜかお尻のニキビ・黒ずみ・シミ対策商品は皆無と言っていいほどありませんでした。

そして次にお尻特有の治りにくさというものがあります。それはお尻の皮膚が他の部分よりも厚いため、ニキビの原因になるアクネ菌が繁殖している深い部分まで成分が届きにくいこと。そして保湿するための成分も届きにくいため、皮膚の新陳代謝が鈍くなり、シミや黒ずみがなかなか消えないということもあります。

またお尻は椅子に座る時など、上半身の全体重を支える部分であるため、血行も悪くなりやすいということが理由に上げられます。ただ最近ではこういったことに対応できる商品も販売されてきていますし、恥ずかしいですが皮膚科を受診することで解決に至ります。悩んでいてもなかなか解決しませんから、自分にあった対処法で早くすべすべの肌を取り戻しましょう。