紫外線の抜け毛に対する影響

これから一年で一番紫外線が強い時期に入ります。紫外線が強まるのは真夏よりも5月だといいますから、紫外線対策をしっかりとやっておきたいものです。紫外線対策と言えば、お肌の美白がすぐに思いつきますが、髪の紫外線対策も忘れずにしておきたいところです。

髪はその色から、紫外線を集めやすいようです。紫外線は細胞膜を傷つけますから、それを防ぐためにメラニンの発生が促されます。髪の色もメラニン色素でできていますが、いちばん直射日光を受ける場所でもあるので、細胞が傷つきやすくなります。髪は一度ダメージを受けると自己補修能力がないため、髪の中の水分などが抜けてぱさぱさになってしまいます。

さらに髪が弱くなると地肌にまで紫外線の影響が出てきて、頭皮が乾燥しやすくなり、結果として抜け毛が増えてくる可能性も出てくるのです。それを防ぐためには、帽子を着用するなどの紫外線を防ぐ対策を講じると同時に、毎日のシャンプーで髪を労わり、補修できるような製品を使うことが役立ちます。

抜け毛を減らすシャンプーとして評判のINZシャンプーという、男女兼用の抜け毛対策シャンプーがあるんですが、INZシャンプーには、とうもろこし由来の髪のダメージを補修する成分が配合されています。その成分は髪のダメージを塞ぎ、中の水分蒸発を防ぐ働きをするほか、髪にハリや艶、そして弾力を与える働きもしてくれます。

100%紫外線をカットすることは不可能です。ですから傷んだ分しっかりと補修することで、抜け毛が増えることを防ぐことができるんです。