仕事のストレスの原因

仕事上のストレスを一切感じないという人はまずいないでしょうが、ストレスが積み重なりすぎて体調を崩すという話は最近は珍しくもありません。人は仕事上の何が原因でストレスを感じるのでしょうか。

仕事上のストレスの原因で一番多いのは人間関係です。職場の人間関係は今に始まったことではありませんが、時代の変化に伴ってコミュニケーションにも新たな問題が生まれています。終身雇用制度が崩れ、職場の雇用の形態が様変わりしたことによって、仕事上のつき合いも変化が生じています。

また、ITが仕事の大部分を占めるようになったことから、話し合いながら仕事がしづらくなっています。職務が細分化され、一人一人か込みいった仕事をするようになって、上司のケアも難しくなっています。

さらに、成果主義が導入されて、一人一人の業績を問うようになったこともストレスの原因です。基本的にあいさつなどのコミュニケーションを重視しない人も増えています。非正規労働者が多くなってことから、一部の正社員に責任ある仕事が集中しやすくストレスを感じる人もいるようです。

以前は、日本は景気の成長に合わせて一生働く職場や、手厚い社会保障を受けることができました。ですが、現在は終身雇用制度自体が過去のものとなり、将来的な不安がストレス源になるという人もいます。経済情勢で不安定なことから今後の給与アップは期待できず、働いても楽になる見通しは立たずストレスはたまる一方です。