体型の悩みはおしゃれでカバー

服装によってコンプレックスの元になっている体型の悩みをカムフラージュすることができると言われていますが、具体的にはどうするのでしょう。服で体型の欠点を隠すためには、気になる欠点以外の場所を目立たせるような工夫が大事です。

着こなしテクニックは、意外と体型の悩みに対する解決策になります。アイテムやデザイン、見え方などを工夫しましょう。身長の低さ、腰周りの大きさ、下半身のボリューム感などをごまかすには、上の方に目線かせいくように、えり元が目立つデザインや、スカーフを使うなどします。太さが気になる人、ずん胴な人、小柄な人は縦のラインを強調するようなアイテムやラインを作るのがおすすめです。様々な色は、人の感情に影響を及ぼす効果があると言われています。

色を上手に使うことで、体型の悩みをカバーするような着こなしが可能です。人間の感性に、色がどのように働きかけるかを認識することで、体型と色との関係がわかるでしょう。明度の低い色は収縮色、明度の高い色は膨張色ですが、これに色自体の要素もプラスされます。黄色は明るい色の代表各で、膨らんで見える色です。体型を小さく見せたいと思っている人は、黄色いコートやセーターは逆効果です。期待以上に太く見えてしまう可能性があります。

痩せぎす体型の人は、明度の高い服を選ぶようにしてください。細く長く見せたいという人は、茶や紫、カーキ、黒などの寒色系、低明度、低彩度の色がおすすめです。下半身に使うとすっきりと見えます。実際に服を着てみて、鏡の前でチェックすることによって、悩みがある体型をどんな風にカバーしていくことができるかがわかります。